ランドセルフィットちゃんの人気には秘密があります。

ランドセルフィットちゃんが評判いいのは?

ランドセルは、小学校生活の6年間において毎日使うものです。
その貴重な6年間を、お子さんと親御さんにとって快適に過ごして頂けるよう、「フィットちゃんランドセル」は
6つのコンセプトを持って作られていました。

 

まず一つ目は、「子ども思いのランドセルづくり」です。
フィットちゃんランドセルは、6年間成長していく子どものことを考え、信州大学繊維学部の協力を得て
「こども標準」という独自の基準を作っています。

 

「こども標準」とは、「成長と体型に合わせて楽に背負えること」、「自然な体勢を保ち、肩や腰に負担をかけないこと」、
「背中がむれにくいこと」、「丈夫で6年間使えること」、「子どもの安全を守ること」の5つのチェック項目があり、
これに沿ってランドセルを作っています。

 

二つ目は、「豊富なデザインとカラーバリエーションを持っている」ということです。
昔は、男子は黒、女子は赤と決まっていましたが、今は個性的なランドセルを求めるお子さんが多いことから、
様々な色のランドセルがあります。

 

しかも「フィットちゃんランドセル」は、自社工場で作っているので、色だけではなく、かぶせやふちの縫い目、
背あて、びょう、かぶせの裏や内張り、
前ポケットやそのファスナー、側面であるマチの刺繍など、細部にわたるまで多様なデザインの種類があります。

 

ですから、自分だけの「オーダーメイドランドセル」を作ることが「フィットちゃんランドセル」には可能です。

丈夫さ・使いやすさ・したしみやすさ・安全面

三つ目は、「6年間使える丈夫さと軽さを追求している」ことです。
丈夫さについてですが、「フィットちゃんランドセル」は、どんなに曲げても折れない背カン(肩ベルトをランドセル本体につなぐ金具)
特許技術で持って作られた型崩れしないマチ(側面)、ベルト通し穴を補強しているため切れにくい肩ベルト、
擦り切れにくい側面、底辺の縁を持っています。

 

また軽さについてですが、ランドセルを購入するお母様へのアンケートで一番重要視された部分です。

 

「フィットちゃんランドセル」は、軽量素材を使うだけではなく、「軽さ」を感じる機能があります。
その機能は、肩ベルトの角度を25度上げてランドセルを体に密着させることによって、肩や腰にかかる負担を軽減させること。

 

また、肩ベルトも内部に衝撃を吸収するダブルクッション材を使い、体に沿いやすいように脇にゆとりをもたせた形状に。

 

四つ目は、「背負いやすく、使いやすいものにする」ということです。
「背負いやすさ」で言えば、前述した「軽さを感じる機能」に加え、成長に合わせて左右別々に調節できる背カンを持ち、
背あてには「エアーフレッシュ」という通気性に優れた素材を使い、空気が流れやすいように波状の形状にしているため、
背中が蒸れにくいことが挙げられます。

 

「使いやすさ」で言えば、高学年になって教科書が増えても対応できる大きな収納ポケット、自動的に錠前をロックできる機能、
錠前を一般の商品より前にしているので平らな場所に置いても倒れにくい機能があります。

 

五つ目は。「お子様の安全を重視している」ことです。
「フィットちゃんランドセル」は、色んな角度から自転車や車が来ても、
ランドセルを背負っている子どもの位置をライトに反射して知らせることができるように、「反射板」をかぶせ、
左右のマチの部分、左右の肩ベルトの前の部分につけています。

 

また、マチの部分には両側に二つフックがついており、そのフックは20sの力がかかれば外れるようになっています。
この機能により、フックにかけた給食袋などが自動ドアに引っかかっても外れるようになっているので、
お子さんがドアに巻き込まれないようにしています。

 

それから、左右の肩ベルトに防犯ブザーをつけることのできるフックがあり、利き手に応じて鳴らすことができるようにしています。

 

六つ目は、様々なドラマやバラエティ番組で活躍している
谷 花音さんを「フィットちゃんランドセル」のイメージキャラクターに起用していることで、
「子どもたちに親しみやすいランドセル」をアピールしていることです。

 

以上のコンセプトを持っている「フィットちゃんランドセル」は、多くのお客様に愛されています。
その理由は、ランドセルに対するこだわりを重視しつつ、お客様の要望に真摯に耳を傾けて作っていることです。

 

今の子どもたちだけではなく、未来の子どもたちにも愛されるランドセル作りを模索し続けているそうです。

 

ランドセル フィットちゃん ラポンテ 公式通販ランドセル フィットちゃん

 

ランドセル フィットちゃん